近頃、身の回りで親を亡くす方が増えてきました。

年齢的に、仕方のないことで、それぞれに、気持ちを整理しつつ色々な話を聞かせて頂いています。

悲しむ間もなく、あれこれと手続きに追われて大変な思いをすること、こうしてあげたら良かったという後悔、反対に、こうしてあげてよかったという事。

しかし、それらと同じか、もしかするとそれ以上に多く聞くのが、遺品整理の事です。

私も実際に、友人のお母様が使われていたもの等を頂いたこともあります。

遺品といのは、亡くなられた方を偲ぶ上で、必要な物だと思います。

しかし、必要ではないのに捨てるのが心苦しくて、捨てられないもの、というものが多くあるようです。

更に一人暮らしをされていて、その後家ごとの処分を考えなければならない場合はなおの事、残された人達は片付けに追われてしまいます。

亡くなられた悲しみの上、更に肉体的な疲れがのしかかる状況になるわけです。

そのような方々のお話しを聞くと、自分は極力遺品が少なくなるよう心がけたいと思います。

暮らしの中で、どうしても必要な物は限られていると思います。

多くを望まず、簡素な暮らしをするよう心がけていれば、自分の子供達への遺品整理の負担はいくらかでも減らせるはずです。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.